自己申告でもカードローンは正直に

正直に書けばカードローンはまず通る

カードローンの審査に通りたいのであれば、正直に書きましょう。
嘘の記入をしていることが明らかになってしまえば、一度審査に通過することができても利用することが出来なくなってしまう可能性もあるからです。
最低限どのようなところに気をつけて申し込みをすれば良いでしょうか。


カードローンはよほどのことが無い限り大丈夫

過去に、キャッシングを踏み倒す、債務整理をしたことがある、などのよほどの問題を起こしていない限り、カードローンの審査に通過することは難しくありません。
ただし、無職で申し込みをしたり、収入が不安定だったりすると難しくなります。
それらを偽装しようとして、年収や勤続年数を騙るのは危険です。
相手はカードローンキャッシングのプロなので、少し調べればそのあたりの個人情報はわかってしまうのです。


キャッシング会社に誠実さをアピールしよう

自己申告制であっても、電話確認で明らかな嘘だとばれたり個人情報に怪しい点があると思われてしまうと、収入証明書類の提出を求められてしまいます。
そのような万が一の事態のために、年収や勤続年数などの数字は収入証明書類と合わせておくべきです。
ここから先の内容は自己責任ですが、要は、プロにも怪しまれない程度の記入なら問題ないということです。
勤続先と勤続年数からある程度の年収を割ることは可能なので、平均的な数字の範疇であれば怪しまれることもありません。
少しでもカードローン審査前の条件を良くしたいのであれば覚えるべきですが、やはり基本的には正直に書いて誠実な印象を相手に与えるほうが良いですよ。